CADマスター講座
ゼロからのCAD講座
JW-CAD習得講座
AutoCAD習得講座
キャンペーン情報

JW-CADとAutoCADの違い

現在、日本で利用されているCADソフトには多くの種類がありますが、その中でもJW-CAD(以下JW)とAutoCAD(以下Auto)は、特に多くの企業で利用されている代表的なCADソフトです。
これからCADを習得される方は、どちらを選んだら良いのか(又は両方習得するか)を迷われると思います。
ここでは、JWとAutoの違いを様々な観点で比較しますので、CADソフト選択の参考にお役立てください。

シェアの違いは?

就・転職を目的にCAD習得を目指す場合、より多くの企業で利用されているCADを習得したいと考えるのが当然です。
職種別のCAD利用状況は以下のようになります。



建築・土木系ではAuto・JWが突出していますが、機械・設備系ではAutoが優勢のようです。
なお、中小規模の会社ではJWが多く利用される傾向にあり、大手の会社ではAutoが広く使われているようです。

入手方法・価格は?

JWはフリーソフトですので、誰でも無料で入手可能です。
もちろん、当スクールのCAD講座にも標準で付属しており、学習が終わったらそのまま実務で利用することができます。

Autoは数十万円以上する大変高価なCADソフトですので、個人が学習目的で購入するにはかなりハードルが高くなります。
このため、AutoCADが含まれる講座では、30日間無料で利用できる試用版のAutoCADを活用します。
 ※現在は月額数千円から利用できる販売形態も用意されています。

どちらが優れている?

「JWはフリーソフトだからAutoより機能が少ないのでは?」というお問い合わせを頂くことがあります。
常識的に考えれば、数十万円もする高価なソフトが、無料ソフトと同等であるはずが無いわけですが、実際には価格ほどの大きな差は無いと言えます。
もちろん、Autoに及ばない面もありますが、逆にJWの方がAutoよりも優れている点(特に操作性など)も多々あります。

そもそも、JWとAutoは日本を代表するCADソフトであり、多くの会社で実際に活用されているわけですから、どちらも実務に必要十分な機能を備えていることは間違いありません。

CAD習得の難易度は?

JWに比べるとAutoはかなり難易度が高くなります。
CAD未経験者や、コンピュータリテラシー(PCを使いこなす基礎技能)が十分でない方の場合、Autoはハードルが高いといえます。
JWは直感的な操作方式を採用していることもあり、初心者でも習得は難しくありません。

操作方法は似ている?

操作方法は大きく異なります。
たとえば「拡大表示する」といった基本的な操作1つをとっても下図のように異なります。

上記は1つの例に過ぎず、それ以外の多くの点で操作形態が異なります。
このため、JWの利用技術をAutoに活かす(又はその逆)といったことは難しいでしょう。

両方のCADを習得する必要がある?

お仕事で利用するCADソフトが特定されているのであれば、両方習得する必要はありません。
しかし、就・転職を目的にCADを習得するのであれば、JW・Autoの両方を扱えた方が、様々な会社に対応できるので有利といえます。

結論

JWをメインで利用している人はJWが快適と言い、Autoをメインに利用している人は、Autoのほうが優れているといいます。
つまり、どのようなCADソフトであっても、使いこなせば自分にとって最良のCADソフトになるということであり、優劣を付けるのは不適切です。

ただ、CAD未経験・初心者で、これからCADを習得する方の場合、Autoを購入するのはリスクが大きく、未経験者にとってAutoは難易度が高いので、当スクールではJWからの学習をお勧めしています。

(JWとAuto両方のカリキュラムを含む「CADマスター講座」では、はじめにJWを習得し、その後Auto習得のカリキュラムに進みます)

 

CADマスター講座
ゼロからのCAD講座
JW-CAD習得講座
AutoCAD習得講座
キャンペーン情報